有給休暇を取ったら人事評価に影響するというウソ

有給休暇

有給休暇ははたらく人に与えられた当然の権利です。

はたらく人は会社に「休みます」と堂々と請求できますし、会社は「休みます」と言われればこの請求に応じなければなりません。

また、有給を申請したことに対して人事評価に影響させるような不利益な取扱い許されません。

 

有給休暇が人事評価に影響するというのはウソ

うそ

有給休暇を利用してせっかくリフレッシュしたのに上司との面談の際に「お前、他の人より有給取過ぎだから今回の評価は仕方がないと思えよ」なんてことを言われた人はいませんか。

これは法的な観点からすると完全にアウトです。そもそも有給休暇取得をもって人事評価のダウンをすることは、労働基準法における年次有給休暇の趣旨に反する行為であり、このような不当な評定はパワハラに該当する可能性を十分に秘めているのです。

もし、あなたの上司が職場で「有給休暇が人事評価に影響する」というセリフを言おうものなら自信をもって間違っていることを主張しましょう。

 

有給休暇を取得するのに理由はいらない

理由

有給休暇を申請すると「どういう理由で休むんだ」と詰め寄る上司はどこにでもいます。

結論からすると有給休暇を取得するのに理由はいりません。

年次有給休暇は労働基準法で定められた「はたらく人」に与えられた権利なのです。

「心身をリフレッシュしたい」という目的で取得したってかまわないのです。

「どういう理由で休むんだ」と詰め寄る上司はそういった有給休暇に関する知識に疎い人が多いです。

このような人を相手にして喧嘩になると面倒なので休む際は「当たり障りのない」理由を考えて休むことが得策です。

 

休むことは総労働時間の短縮にもつながる

労働

このブログを書いている私も日本人ですが、「日本人は働き過ぎ」です。

マッサージ屋さんに行けばお客さんでいっぱいだったり、疲労回復グッズが売れていたりするのを見るとそれだけ働き過ぎなのかなと感じさせられます。

働き過ぎの改善策は「しっかりと休む」ことです。休暇をとってリフレッシュすることは心身の健康にもつながりますし総労働時間の短縮にもつながります。

 

但し、有給休暇を取得するのはあなた一人の権利ではなく周囲の同僚も同じ権利を有しています。職場に迷惑をかけないようお互いに気遣ったうえで取得することが大切です。


コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る