注意!指導とパワハラは違う。

control-427510_640

仕事上の指導とはいっても相手の人格や尊厳を否定するものはパワハラである。

パワハラの中で会社がパワハラが起きた時に対応が困難と感じるもので最も多いと言われるのが、パワハラと業務上の指導の線引きが難しいという事です。でも、会社の中でパワハラなのか業務上の指導の範囲かを主張しあう時点でその職場で問題が起きている事が考えられます。

 

今は昔と違う事を認識する

パワハラが起きている場合、「それはあいつに一発気合を入れるために言った」とか「そんなつもりじゃなかった」「そんな風に受け取っているとは考えていなかった」としている側は弁明するケースが多いです。これは年配の管理職に多く見られるケースです。

「自分たちが若いころはこうしてきたのだから問題ない」とか「仕事は厳しいものだから部下を厳しく指導するのは当たり前だし多少行き過ぎがあってもやむを得ない」と考えるのはもう古いのです。

相手の人格や尊厳を否定する、侮辱する、大勢の前で怒鳴りまわすという行為は人権侵害でありパワハラに該当するのです。人権侵害に「ここまでならいい」ということはないのです。

 

正しい指導ってどんなもの?

上司から部下へのパワハラは注意や指導の場面で起こってしまう事が多いです。注意や厳しい指導を要する場面で適切な方法でなければパワハラになってしまいます。ミスをした部下に対し、「原因の解明をせずただ頭ごなしに怒鳴る」「怒鳴るだけでフォローがない」「「大勢の前で怒鳴るだけ」だったらパワハラです。

自分の保身のための叱責と部下を育てるための叱責では対応も異なりますし、部下も感じ方が違うのです。

部下を育てるのならば具体的な改善策を示し、その人間に対し期待している意思表示をすればいいのです。部下が感じ取れば本人も反省し「今度は頑張ろう」と考えるようになるでしょう。

また、人格を否定するのではなくその仕事に対して指導する事が大切です。「こんなこともわからないのか!」「お前はダメだ」という言い方ではなく「この仕事のここが間違っているから直した方がいい」という指導が必要です。


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る