「無視」というパワハラ行為 人間関係からの切り離し

hand-65688_640

上司が部下を「無視する」という行為は、その人の存在自体を否定する行為であり立派なパワハラです。

「大声で怒鳴る」「人格を否定する」「物を投げつける」といった行為は、明らかなパワハラ行為なのですが、実は「無視する」という行為は「人間関係からの切り離し」というパワハラ事例です。

上司kあら部下に向かって目に見える形の攻撃ではないのですが、「無視する」行為は陰湿で根深い問題です。

 

「無視する」行為もいろいろある

no-68481_640

「無視する」というのはその人の存在を否定する行為なのですが、代表的な事例には以下のようなものがあります。

・あいさつしても無視する。

・本人がいるのにも関わらず、その本人を避けて仕事の打ち合わせをしている。

・自分がいない時に他の部下と知らぬ間にミーティングを行っている。

・自分には内緒で気に入った部下だけを連れて食事に行っている。

・仕事上で報告をしても相手にされず無視する。

・仕事上で話に加わろうとしても意図的に避けている。

いかがですか。このようなことや似たような事例があれば、それは立派なパワハラなのです。

 

「無視された」人のこころへの影響

burnout-96856_640

上司から「無視された」人は、一回程度ならば我慢できるかもしれませんが、これが毎日続くとなると精神的なダメージを負ってしまいます。「無視する」という行為は、その人がそこにいてもいないという扱いをし、存在を否定する行為だからです。

無視された人は「人間関係から排除される」という精神的なダメージを負い、徐々に自信をなくし、「自分が悪いのではないか」と思うようになっていき、うつ状態やうつ病といった心身の不調につながっていきます。

 

「無視する」行為への対応策

signposts-541438_640

メンタル面では無視され続けても「自分が悪い」とは思わない事が大切です。もし、「自分が悪い」と思い込み始めるほどに精神的に追い詰めらてしまっている場合は、うつ状態やうつ病になっているおそれがありますのでカウンセリングを受けたり、心療内科に行き適切な治療を受け専門家の指示を仰ぎましょう。もし、病気になってしまったら医師の指示の下、ゆっくり休養を取ることも必要になります。

無視を続ける行為に対する方策としては、悩んで我慢し続けず弁護士に相談する事が得策です。

パワハラ上司に対して「無視すること」をやめさせるだけでなく、万が一の際の訴訟に関しても法律のプロフェッショナルである弁護士は様々なノウハウを持っています。

もし弁護士に相談したい場合は、以下のリンクから相談してみてください。




関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る