パワハラを弁護士に相談して解決する

law-753482_640

理想通りに事が運ばない場合に弁護士に相談する事を考えてみる

社内相談窓口や労働組合に相談する以外に弁護士に相談して解決する方法もあります。パワハラのような問題は個人間の問題として片付けるものではなく、話し合いを基本とする事でパワハラをした側、された側の双方に気づきの場を与え、企業にとっては労働環境の改善にもつながり、問題解決能力を高めていく事が理想です。

しかしながら、理想通りにならないケースもあります。もし、あなたが職場で毎日、言葉の暴力を受け続け、メンタルに支障を来すほどに追い詰められてしまったとき、社内相談窓口も労働組合も頼ることが出来ないとしたらどうしますか?

こういったときに弁護士に相談する方法もあるのです。

 

弁護士はあなたの味方

弁護士に相談すると、パワハラの被害者の委任を受けてパワハラの加害者やその企業と交渉します。交渉が不調となる場合は裁判所に提訴したり、あなたの代わりに相手と闘ってくれる非常に頼りになる存在となります。

 

弁護士に相談するのは最終手段として考えるべきだが・・・。

弁護士は、パワハラを受けた被害者にとって非常に心強い存在となってくれるでしょう。しかしながら、デメリットもあります。

まず、弁護士に相談するという事は交渉が不調となった場合、裁判に発展するケースが往々にしてありますが、裁判に発展した場合は双方が法律をもって白黒をつけるわけですから職場内で更に人間関係の溝は深まり、修復が望めないリスクもあります。

訴えたとしても裁判所が加害者と被害者の白黒をつけるので勝訴もあれば敗訴もあります。もし勝訴したとして人間関係の修復できない職場に被害者が戻る事は大きな精神的な負担を強いる事にもなります。

弁護士に相談するというのはそれ相応の覚悟をもって行う最終手段として考えるべきものですが、パワハラで心底悩んで辛く解決への道が遠い場合、法律と交渉の専門家に相談することをおすすめします。

パワハラが認められれば,パワハラ行為を止めさせ会社の職場環境を改善させる事も出来ますし、慰謝料や治療費を請求する事も出来ます。

パワハラは職場での上下関係を使って相手を一方的に追い詰める悪質な行為です。苦しめられて悩んでいる人も多数いる事でしょう。安心して働ける職場環境を手に入れるためにも,ひとりで悩まないで相談してみてはいかがでしょうか。

労働問題に強い弁護士が最短5秒で見つかる

 


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る