パワハラのターゲットになってしまったら パワハラを効果的に回避する方法

eye-609987_640

もしパワハラのターゲットになってしまったら?
それを回避するためにはどうしたらいいでしょうか。

実はターゲットになっても回避する方法はいくつかあり

決してあきらめないで声を大にして訴えてください。

 

パワハラ(パワーハラスメント)の現状

eye-609987_640

パワハラ いわゆるパワーハラスメントが問題化しここ最近、メディアで取り上げれられるケースもだんだん増えてきました。

パワハラを示す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数は厚生労働省の発表によると

2014年度は過去最多で6万件の大台を突破しています。
相談件数も増加し多くの会社、団体等が防止に努めているものの、まだまだ表面化しないものも多いのが現状です。

 

 

パワハラ攻撃のターゲットになりやすい人の特徴

darts-102919_640

パワーハラスメントを行う人の特徴は攻撃欲が非常に強い人であることが多く、
「弱い人」を徹底的に攻撃します。

 

パワハラのターゲットになってしまう人の特徴

  • 真面目
  • 健気で頑張り屋
  • おとなしい性格

「弱い人」とはただ弱いだけなく、真面目でけなげな頑張り 屋さんだったり、周囲から見て部下からも慕われるような人格者であるケースが多くみうけられます。

パワハラのターゲットになってしまう「弱い人」はおとなしく、されるがままになってしまうだけでな く、周囲にも気を使い上司からある程度のことを言われても何とか従うことで波風を立てないように努めようとします。

パワハラをする人はそういったことは関 係なく「弱い人」を叩きのめす感情や部下から慕われるような人間を疎ましいと思う感情、その他にはその人に対する支配欲も働き、さらにエスカレートしてそ の人を報復しようとする行動にも発展していきます。

 

 

なぜターゲットになってしまった人は逆らえないのか

punch-316605_640

パワハラのターゲットになっている人は何とか結果を残そうと仕事を懸命に取り組もうとします。

しかし、パワハラをする上司はターゲットになった人に対し、

仮にいい成績が出ても褒めることはしません。
それどころか、重箱の隅を楊枝でほじくるように粗探しをして指摘します。

悪い結果となれば「全てお前が悪い」と怒鳴り、ひどい場合は人格まで否定し巧妙に罪悪感を掻き立てるのです。

ターゲットとなってしまった人は委縮(いしゅく)してしまい、元々おとなしい性格であるのに仕事のちょっとしたミスでも罪悪感を刷り込まれ「自分が悪い」と自分を責めるようになっていきます。

パワハラする人はその人の状況を見逃さず更に追い詰め逆らえないようにしていきます。

 

 

 どうしたらパワハラのターゲットから外れ回避すればいいのか

 

young-people-412041_640

パワハラをのターゲットとなってしまった人は

「自分は弱い」
「自分が悪い」

と決して自分を責めたりしない事です。

まずは
「社内の相談窓口」「労働組合(従業員組合)」や「公的な労働相談窓口(労働基準監督署等)」、
「弁護士」に相談し解決の道をさぐってください。
特に弁護士はあなたの味方です。本当に困っていたら迷わず相談してください。

労働問題に強い弁護士が最短5秒で見つかる

パワハラをする人はターゲットを怒鳴りまわしたり、人格否定をすることで巧妙にその人が「弱い」「悪い」という劣等感や罪悪感を植え付けるのです。

更にパワハラをする人は思いやりにも欠けているのでターゲットとなってしまった人に芽生えた劣等感や罪悪感に更に攻撃を加えます。

このように悪循環に陥ると結果としてうつ状態やうつ病にもつながり、こころとカラダのバランスを崩してし、今までになかったような軽微なミスをしたりモチベーションの低下にもつながってしまいます。

 

ターゲットになってしまった人は自分を責めたりせず、決してあきらめないで下さい。助けの手をさしのべる人は必ずいます。

家族の方はその人の苦しみを早めにわかってあげてください。

会社の人はもしかしたら自分がその被害にあっていたらという目線でターゲットとなってしまった人を思いやって下さい。

 


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る