パワハラで多い「ことばの暴力」 仕事だから仕方がないこと?

warning-42657_640

パワハラで

「ことばの暴力」

が多いというのは世間的に認知されているのですが、
依然として会社等では理解が乏しかったりするケースがあります

 

「ことばの暴力」を「仕事だから仕方がない」と片づけてしまっては、
パワハラは、
いつまでたってもなくなりません。

 

パワハラの「ことばの暴力」は公の調査でも多いことがわかっている

analysis-810025_640

少し前の話になってしまいますが、

平成24年12月に厚生労働省は国として初めて実施した

「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」

 

(以下「実態調査」という) の結果を公表しました。

これは当時、厚生労働省が東京海上日動リスクコンサルティング株式会社に委託し実施したも

ので国として取り組んだ調査結果です。

この「実態調査」の「過去3 年間のパワーハラスメントについての経験の有無」という設問によると

「パワハラを受けたことがある」と回答した人が何とほぼ4人に1人(25.3%)

「あなたが受けたパワーハラスメントの内容」という設問では

「精神的な攻撃(脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言)」が

 

全体の55.6%を占めるという内容なのです。

 

はたらく人はこのように感じているのですが、さて実際の現場はどうかというと非常に温度差があるようで残念

でなりません。

 

「仕事の上での指導、注意だから仕方ないだろ」と片づけていいものなのか

man-30322_640

パワハラは、業務上のミスに対する指導や職場内のコミュニケーション不足に起因する誤解等からパワハラに繋がってしまうケースが多々あります。

大抵の場合、パワハラをした人は

「仕事というものは厳しいものだから」
「仕事上の指導、注意なのだから仕方がない。理解できない人間は去ってもらった方がいい」

と言う人もいます。

 

 たとえ仕事上の発言であったとしても果たしてそれで済ませていいのでしょうか・・・。

 

仕事上のミスがあれば注意や指導を受けたりすることがあるのはわかります。

が、原因があるからといってその人を病気になるまで追い込み、人間を破壊する行為を正当化するのは間違っているのです。「仕方がない」という一言で片づけた中にそれを原因にこころやカラダのバランスを崩し、働くことがままならなくなっている人がこの日本中に多数いるという現実

に目を背けてはいけません。

 

もしも、「ことばの暴力」を受けていて弁護士に相談して解決する場合

monitor-376211_640

パワハラの典型である「ことばの暴力」を受け続ける被害を受けて弁護士に解決のために相談した場合、労働審判や裁判

による解決を図り、損害賠償請求や慰謝料の請求という手段を考え被害者のために積極的に働いてくれます。この時に必

要となるのが「強力な証拠(詳細なメモ等の記録、音声記録)」です。

 

 

 

間違っているものは間違っていると自分を信じて下さい。

そして、困っている人は弁護士を頼って下さい。必ず力になってくれます。



関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る