パワハラとは何ぞや?

argument-238529_1280

パワハラとは?

パワハラという言葉はテレビのニュースや新聞等で聞いた事がある方は多いかもしれませんが、「パワハラって何?」と聞かれると明確な答えを言える方は少ないのではないのでしょうか。

パワハラとは、その文字の通り、パワー(力、権限)を利用してハラスメント(嫌がらせ)を行う事です。あれっ、拍子抜けしましたか?

ちなみにパワーハラスメントとという言葉は和製英語です。海外では通じません。

 

パワハラを定義すると

大体、2000年前後から「職場のいじめ」とか「職場内のいやがらせ」といったことがパワーハラスメントとという言葉でよばれ始めました。

そもそも職場内のいじめとか嫌がらせとかいったものは昔からあったのでしょうが、パワハラの相談が増加して社会問題となってきたことで国に対してパワハラに対する対策を求める声が高まってきたのです。

厚生労働省では平成24年3月に「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」を発表しており、その中では以下のように定義しています。

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。 上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれる。

また、パワハラの類型について「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」では以下のように定義しています。

        類型                  具体的行為
(1)身体的な攻撃           暴行・傷害
(2)精神的な攻撃           脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
(3)人間関係からの切り離し       隔離・仲間外し・無視
(4)過大な要求             業務上明らかに不要なことなどを要求
(5)過小な要求             仕事を与えない等
(6)個の侵害              私的なことに過度に立ち入ること

このような類型を会社とはたらく人がパワハラに関する認識を深め、予防や解決に努めなければならないのです。

パワハラが深刻化すると、パワハラを受けた人はうつ状態、さらに2週間以上続くことでうつ病につながってしまうリスクもあります。

定義を理解し、身の回りにそのような人が出ないよう明るく働きやすい職場作りに努めたいものです。

 


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る