パワハラを社内相談窓口に相談したのに 解決してくれなかったら

OZPA87_katakorigayabai20130707-thumb-1000xauto-17316

上司からひどい言葉の暴力によるパワハラを受け、同僚にも相談し悩みに悩んで勇気を出して社内相談窓口に相談した結果、逆に「今回の原因はあなたにある。そのくらい普通のことですよ。」なんて返されたらぞっとしませんか。

 

こうなると職場の上司とも更に亀裂が生じ、職場にも居づらくなってしまってしまいます。

こういったリスクが生じないよう、相談する際には相応の準備をしておく必要があります。

 

社内相談窓口が形式的で機能していない場合もある

PAK86_denwataiousuruboss20141123103458-thumb-1000xauto-18262

あってはならないのですが、社内相談窓口が機能していないケースは現実的にあります。原因として「社内相談窓口がハラスメントの申し出た人を救済されるためではなく、会社を守るために形式的に設置している」といった事が考えられます。

 

特に会社側が「うちにはパワハラはないけれど、従業員に外部(労基署や弁護士等)にタレこまれたら困るからとりあえず作っておけ」的な間違った認識で社内相談窓口を設置している場合は最悪です。

 

あなたがどんなに悲惨な現状を訴えても「あなたの考えすぎです」とか「それは指導の一環であなたにそうしているのであって普通」「上司がそれだけ怒るのも当然。だってあなたに原因があるのだから。」といってまともに取り合わなかったり、挙句の果てには「今回の申し出においてパワハラの事実は認められませんでした」なんて片づけられてしまいます。

 

このように組織的に問題がある場合、社内相談窓口に相談すれば解決するといった考えを持たず、労働組合へ相談したり、労働組合がなければ弁護士に相談するといった対策を検討しておくのが解決の近道です。

敏腕弁護士が最短5秒で見つかる

 

 社内相談窓口に相談する段階で十分な証拠や資料、第三者の証言が得られていない

BL004-sekiwotattesimau20140810-thumb-1000xauto-12420

せっかく社内相談窓口に相談したのに「両社から事情聴取したものの、パワハラという事実を確認できなかった。」「上司(加害者)の指導に対する部下(被害者)の強い思い込みである。」と片付けられてしまうケースもあります。

 

こういった場合はパワハラの加害者と被害者の事情聴取のみで終了させてしまうの殆どで解決に向けた取組がなされません。

 

パワハラ被害を受けている人は事実関係を証言できる第三者を確保しておくことや、十分な証拠(パワハラの事実を手帳等に明確に残しておく、ICレコーダーで音声記録を残しておく)を提出できるよう準備しておくことが必要です。

 


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る