「お前なんか辞めてしまえ。」という言葉は今は通用しない。

lake-dusia-111994_640

あなたの職場で何かミスがあるたびに「お前なんか辞めちまえ。」なんてセリフを発する人はいませんか?

もし、自分が言われても嫌ですし、周りの人が言われているのを横で聞いてもとてもいやな言葉です。

この発言は果たしてパワハラなんでしょうか?

 

「辞めちまえ」と言動は「退職強要」というパワハラ行為になる

MAX98_hitoriburanko20140531-thumb-1000xauto-17188

「何やってんの。こんなこともできないのか。お前辞めた方がいいって。」

「この給料泥棒。辞めちまえよ、お前」

「こういう大事な時に役に立たねえなあ、会社去った方がいいよ、お前。」

上の3つは一例ですが、人によってはこれ以上のことを言われている人がいるかもしれません。

こういった言動を発する人の中には、その場の感情任せに大声で怒鳴りながら言う人もいるので始末になりません。

swearing-294391_640

「お前なんか辞めちまえ」発言をする人の中で、年配の人は「『辞めてしまえ』とは確かに言ったが、本心から言っていたわけではない。彼らが『何くそ』と発奮して仕事に取り組んでほしいという思いを込めて言っている。」「何言ってるんだ。私たちの時代は罵倒されながらも根性で這い上がってきたから今があるんだ。」と本気で思っている人が多いです。おそらく自分たちが若い頃もそう言われて発奮して頑張ってきたのでしょうし、その時代は通用したのかもしれません。

 

その言葉を発すれば、辞めたくないと思い必死になって仕事に取り組み成果を上げるという発想を持っていたとしても現代では不適切な発言でありますし、こういった言動は「退職強要」というパワハラ行為になると思います。

 

「お前辞めちまえ」発言は抜いてはならない伝家の宝刀

OZP88_jojopose01-thumb-autox1000-15992

職場での上司という立場の人は、はたらく人が自分の意に反してやめるように仕向けてはならないですし、ましてやその人の人格否定まですような言動をしてはならないと思います。

「お前なんか辞めてしまえ」というセリフは、職場の中で上司が発する言動の中で抜いてはならない伝家の宝刀といった感があります。大抵の場合、こういった言動をする人はその時の気分で言っているケースが多く、そう言うことで「相手が発奮する」とはその時は思っていないですし、パワハラで訴えられるなどその上司にとってトラブルになったときに「後付け」の理由としているのが大半です。

 

「お前なんか辞めてしまえ」発言への対応策

OZP_sorawomiagerusagyou1188-thumb-1000xauto-16306

これに対する対応策としては、「お前なんか辞めてしまえ」発言だけでなく、日々の人格否定をしている言動をICレコーダーを利用して強力な証拠をしっかりと押さえておくことです。音声で記録を残してあれば、その時の状況(声を荒げて発している、そのときの感情で発していて発奮を期待しての言動ではないといったこと)が残されます。これを弁護士にでも持っていけば訴訟になった場合でも協力なツールとなりますし、パワハラした人も強力な証拠を提示されれば「その人を発奮するためにいった」なんてことは絶対に言えないことでしょう。




関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る