ネチっぽい陰湿なパワハラ上司の嫌がらせに対応する方法

oliver-kahn-749853_640

パワハラの精神的な攻撃には「ことばの暴力」もありますが、ネチっぽいパワハラというのもあります。「ことばの暴力」を毎日のようにする上司だけでなく、ネチっぽいパワハラをする陰湿な上司もいます。こういった陰湿な人間の攻撃によってこころが蝕まれてしまう場合があるので注意が必要です。ここでは陰湿な上司のネチっぽいパワハラの手口について述べてみたいと思います。

 

 

自分より目上の上司の前でわざとらしく部下のミスを聞こえるように注意する

hand-697264_640

 

誰でもミスをした場合、気持ち的に嫌なものですが「ネチっぽい」上司は自分より目上の上司がいる場合、わざとらしく目上の上司の耳に聞こえるように部下のミスなじります。こういった場合、部下のミスをフォローするという考えがさらさらなく、目上の上司の前で「今回生じた部下のミスについては私はちゃんと管理しています。あくまでミスはこいつの責任です。」と言わんばかりに部下を攻撃します。

 

これは部下や上司のためではなく「自分自身の保身」から出る行動です。

 

こういった攻撃を毎日受けてしまうことでパワハラされている人は、はたらく気力をなくしたり、罪悪感を植え付けられ、こころとカラダのバランスを狂わされてしまうのです。

 

ネチネチと理不尽な要求を続け、出来なかったら「無能」呼ばわりをする

first-aid-860226_640

ネチっぽい上司は、部下に対し相手の仕事の状況に関係なく「今、これを作成して提出するように」「次はこれをすぐやるように」と理不尽な要求を続けます。それぞれの仕事の時間は限られている中、部下は必死にこなそうとするのですが、理不尽な要求をし続けるので当然終わらなくなります。

そして、出来なかった場合、周囲のその部下の同僚の見えないところで、ひどい場合は本人の目の前で「あいつは言ったことをやらない」「あいつは無能だ。命令したことをやらない」と陰湿な攻撃を加えます。

これが毎日続くことではたらく生きがいややりがいを失い、精神的に追い詰められてしまうのですが、これも立派なパワハラ行為です。

こういった上司は過去に「自分が仕えていた上司も同じようにしていたので問題ない」と間違った認識を持っており、このような陰湿な上司の前では仕事を安請合いせず、「出来ない事は出来ない」とはっきり意思表示をすることが大切です。

 

相手の仕事をわざと遅らせるように仕向ける

clerk-18915_640

ネチっぽい陰湿な上司のパワハラには、「部下の依頼したことを忘れる(もしくは忘れたフリ)」「君の書類を見る暇がない。僕も忙しいから」「その人の書類を見るのを後回しする」といった「相手の仕事をわざと遅らせるように仕向ける」嫌がらせをします。

こういった精神的な攻撃を受けると部下のこころの中には上司に対するやるせない思いだけでなく「仕事が間に合わなかったら」と精神的に追い詰められます。このような事が続くことで生真面目で優しい人はこころを蝕まれてしまいます。

このような場合、遅らせられたことに自分が気をもむと損なので「いつ自分が書類を回付したときに、どのような言動をしたのか」「いつ提出して相手が遅らせたのか」を詳細に記録しておくことが必要です。

 

陰湿なパワハラ上司への対応策

desk-312595_640

ネチっぽい陰湿なパワハラ上司の言動や行為にあなたが気をもんで損をする必要はありません。あなたは悪くないのです。

こういった上司に我慢の限界を超えている場合でも、喧嘩するというわけにはいきません。一応、大人同士なので。

大人の喧嘩は「法律を使う」それに長けたプロフェッショナルの弁護士し依頼するのが解決の近道です。

弁護士に相談するには強力な証拠の用意が必要です。

メモや手帳、日記などに詳細な記録をし、なおかつICレコーダーで音声記録をしっかりと残すことが強力な証拠となります。

きっと、弁護士はあなたの力になってくれます。

 




関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る