パワハラ上司の「人を破壊する言動」を許すな

assassination-attempt-268910_640

パワハラ上司の言動というものは数限りなくあり、ひどい事例では裁判にまで発展しているものもあります。

会社側で「辞めろ」ということを言ってはいけないわけではないのですが、人を破壊する言動を許していいということではありません。

「辞めろ」と言っていいのは法律に定められた範囲でのみ許されるものです。

 

人間を破壊する言動は許せない

destroy-30616_640

「あなたたちはいるだけで会社の利益をむさぼっている。そんな人は辞めてくれ。」

「あなた達の給料で若手営業職が○名雇える。必要のない人間は去ってもらった方がいい。」

「私に今度口答えしたら懲戒免職にでも何でもしてやるから。」

「いつ辞めてもいいように退職願を書け。日付の所は空けておけよ。書いたものは俺が預かっておくから。」

上の例はテレビドラマのセリフではありません。職場で現実に聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。上のような言葉を連日にわたり浴びせられることでこころとカラダに不調を来し、会社に行けなくなってしまう人がいるのです。

こういった「人を破壊する言動」を毎日受け続けた人の苦痛はどれだけのものか計り知れませんし、もしかしたら、現在進行形で本当に悩んでいる人がいるかもしれません。

 

「辞めろ」と言うには合理的な理由が必要

smartphone-569515_640

パワハラする側を擁護するつもりはないのですが、会社側は働く人に「辞めろ」と言っていけないわけではありません。

但し、何でもかんでも「辞めろ」と言っていいわけではないのです。

法律でいうとこんな言い方になります。

 

労働契約法(解雇)第十六条 使用者が一方的な意思表示で労働者との労働契約を解消しようとすることは、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とされる。

 

要は会社が働く人を辞めさせるには、世間一般的に見ても「これじゃあ、辞めろと言われてもしょうがないよね」という理由が必要だし、そうじゃない場合は横暴なものだからアウトだよということです。

とはいえ、パワハラする側は「辞めろ」という理由を正当化してくるでしょう。

でも「人を辞めさせたい」がために「人を破壊する」言動を許していいという考えは間違っていますし、正々堂々と戦うべきであると思います。

もし、パワハラを受けて本気で悩んでいる場合は、弁護士に相談し解決することをおすすめします。




関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る