パワハラの一種 こころを蝕む長時間労働

立って寝ているペンギン

働いている人によっては月間80時間どころか100時間を超える残業をしているがいます。長時間労働はうつ状態やうつ病になるリスクを高めます。長時間労働という過酷なパワハラによりこころを蝕まれることがないよう労働基準法について知っておく必要があります。

 

労働基準法では1日8時間・週40時間が労働時間が上限のはずですが・・・

東京駅

労働基準法では本来、労働時間を1日8時間、週40時間が労働時間の上限となっています。でも、現に私たち働いている人の中にははこの時間をはるかに超えて働いている人がいます。

これは労働基準法第36条で定められている「三六(サブロク)協定」を結ぶことでこの制限を外すことができるからです。以下は労働基準法第36条の条文の第1項の部分です。

(時間外及び休日の労働)
第36条  
  1. 使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、第32条から第32条の5まで若しくは第40条の労働時間(以下この条において「労働時間」という。)又は前条の休日(以下この項において「休日」という。)に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによつて労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。ただし、坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務の労働時間の延長は、一日について二時間を超えてはならない。

この協定というものは労使間で決定するもので「残業時間を一応1カ月当たり45時間、2ヵ月81時間、3ヵ月120時間、年間で360時間を上限に残業できます」「休日は4日を上限に働く事ができます」といった内容の文言が大抵入っています。

ご自分の職場に三六(サブロク)協定という書面は必ずありますので見ておいた方がいいです。

 

三六(サブロク)協定の時間よりもっと働いているのですが・・・

残業 夜食

三六(サブロク)協定では労働時間の上限がうたってありますが、協定の中に「特別条項」といって「緊急を要する場合はもっと働かせることができますよ」と書面にうたうことで更に長時間労働をさせることが可能となります。

「1ヵ月150時間、2カ月250時間、3カ月280時間、1年間360時間まで残業できます」「休日は8日間出てもOK」という内容の文言がうたわれていることが多いです。

ここで冷静に考えてみて下さい。厚生労働省の定める「過労死ライン」では月80時間以上の残業をしていると必要な睡眠時間を確保する事ができないとされています。

もし、労使協定が悪用されたらいくらでも長時間労働が可能になってしまいますし、休みなしで働く事も可能となります。時間外勤務手当や振替休日が与えられるのであればまだマシなのですが、これが会社の身勝手な命令で手当も休日も与えられないなんてことがあったら過重労働というパワハラとなり、こころやカラダに変調を来すリスクが高まります。

三六協定の特別条項をみると「過労死ライン」を超える労働時間を協定で結ぶことが出来てしまうのです。これが法律の盲点です。

 

現に毎月100時間以上の残業をしていたら

つらい残業

毎月100時間以上の残業をしている人がいたらこころとカラダが蝕まれるリスクが高いと考えていいかと思います。

とにかく早く帰って休むことが必要です。職場そのものに問題があり、過大な業務の強要によることも考えられるのであれば、詳細な記録を残し弁護士に相談できる準備をしておきましょう。

うつ状態やうつ病になってしまってからではそこから詳細な証拠を残すことが難しくなってきますので注意が必要です。

敏腕弁護士が最短5秒で見つかる


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る