退職強要というパワハラ 

寂しい子供

会社側は私たち働く人たちを辞めさせるために「自主退職」の意思表示をするよう仕向けてくるケースがあります。「退職強要」という手段ですが、ここではその中の一部を紹介します。

 

追い出し部屋ってご存知ですか

ブランコに乗る人

追い出し部屋とは「退職強要」の一種で会社が辞めさせたい人を集めるために作った部署であったり、子会社のことをいいます。

こういったところに配置になった人は、仕事を全く与えられなかったり、誰でも出来るような単純作業をひたすらさせる、ひどい場合は自分の転職先を探させるといったことをします。こうして精神的に追い詰めて「自主退職」をさせるのです。

 

会社側は簡単に「辞めさせる」ことが出来ないことを知っている

hand-110306_640

会社の経営者は「辞めさせる」ことは簡単に出来ないことを知っています。

「辞めさせる」には、「世間一般の人が見てこの人はクビになってもしょうがない」というような合理的な理由が必要だからです。

この合理的な理由というのが経営者にとって高い障壁となっているのが分かっているので「追い出し部屋」のようなところに行かせて本人が「自主退職」の意思表示をするよう仕向けるのです。

 

退職強要を目的に配置転換や転勤、出向させる場合がある

異動

会社によっては退職強要を目的に配置転換で今までに高度な仕事をこなしてきた人を単純な事務作業のみの部署に配置したり、転勤や出向で通勤できないような遠方に配属させる方法をとっている場合もあります。また、嫌がらせのための降格処分を行ったりして働く人を精神的に追い詰め、「自主退職」を仕向けるケースもあります。

 

退職強要に対処する方法はあるのか

support-487506_640

会社側がかんでいる退職強要については「社内相談窓口」には相談できない解決困難な事案です。こういった場合は弁護士や外部の相談機関(行政の窓口)に相談することが得策です。

弁護士や外部の相談機関は今までの過去の事例の蓄積から退職強要に対抗するノウハウを十分に持っていますので困っていたら一人で悩まず相談することです。




関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る